本文へ移動

外まわり

鎌倉市M邸

屋外・屋内照明交換

before
after
before
after
before
after

鎌倉市T邸

屋上防水作業

 
 
鎌倉市のT邸の屋上防水作業の事例を紹介します。
 
1.まずは屋上のコケや根っこ、汚れを除去します。
 通常高圧洗浄のような水圧のあるもので汚れを飛ばしますが、近隣のかたにご迷惑がかからないようにお隣のお宅側は水しぶきが飛ばないよう水圧の弱いホースで汚れを落としてもらいました。
 
2.伸縮目地をはがし下地調整塗材(モルタル)を塗ります。
 
3.防水シートの接着をよくするためにプライマーを塗ります。
 
4.目地にシリコンのようなシーリング材を塗り、防水のシートを貼ります。
 
5.防水材を塗り、ダクトを付けて湿気を抜きます。
 湿気を抜くことで防水シートが浮いてくるのを防ぎます。
 
6.保護仕上げ材を塗ります。今回は緑の仕上げ材を使用しています。
 
 
今回は広い屋上での作業で天気などの関係もあり工期は2週間ほどでした。
ざっくりと防水工事の流れを書かせていただきましたがご参考にしてみて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
**********************************
 
担当:鈴木
 
 
 

鎌倉市G邸

屋根の棟板金交換修理です。
 
台風の強風で、屋根の棟板金が外れて
しまいました。
原因は下地木材が劣化ところに強風が吹いた
為でした、下地からしっかりと交換しました。
 

鎌倉市A邸

防水工事

コンクリート車庫の防水工事を行いました。
ゴムシートで防水されていましたが、老朽化し中のゴムが切れてしまい雨漏りをするようになったので、防水をやり直しました。防水方法は一般的なFRP防水と呼ばれる方法です。
FRPとは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強したプラスチックという意味です。
FRP防水とはFRPの特性を防水分野に応用したもので、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。
FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。
従って出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。
写真は施工工程・工事風景です。
 
大倉設備工業株式会社
─────────────
〒248-0005
神奈川県鎌倉市雪ノ下5-1-5
TEL:0467-24-3322
FAX:0467-24-3310
受付:平日 8:30~17:30
─────────────
給排水衛生設備工事 器具の交換
漏水修理 排水管の洗浄
リフォーム 住宅改修
─────────────
TOPへ戻る